蜂駆除に有効な成分

夏は危険な季節?!蜂が活発になる時期にご用心

素人が手を出すのは大変危険

獰猛な性格の蜂を今すぐにでも駆除したいという理由でスプレーを噴霧する人がいますが、それは特に問題のない行為なのでしょうか?自分で行なう駆除作業について、いろいろ見ていきましょう。

スズメバチだった場合は危険度MAX

家の軒下や庭の木などに蜂の巣があり自分で駆除を行なおうとした際、それがスズメバチの巣だったらとても危険です。スズメバチの毒は「毒のカクテル」と呼ばれることもあるほど、危険な成分が沢山含まれています。主な成分として、炎症を引き起こすヒスタミンに神経毒のセロトニンやアセチルコリン、アナフィラキシーショックの原因となるペプチドやホスホリパーゼ・プロテアーゼなどがあるのです。これらの成分が血液に乗り、かなりのスピードで全身を巡るため、刺されて10分後にアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

アナフィラキシーショックに気を付けて(30代/男性)

スズメバチなどの巣を見つけたり遭遇したりしたときは、できるだけ早く駆除した方が良いと誰もが思うでしょう。業者は24時間365日営業をしているところが多く、全国展開しているところもあります。対応が早く、アフターフォローもしっかりしているため、いつでも直ぐに相談ができます。的確にしっかり駆除してくれるので、スズメバチに刺されることも防げます。業者には専門知識とスキルを持ったプロスタッフ、専用の機材が揃っているので安心です。

安全かつ確実に蜂駆除をしたいならやっぱりプロに依頼しよう

危険な蜂駆除ですが、季節によっては自分でできる場合もありますので、どういった感じになるのか見てみましょう。

シーズン別にみるスプレー使用のタイミング

市販の殺虫スプレーなどを使い自分で蜂駆除を行なう際は、蜂駆除専用の製品を使うようにしましょう。ただ、蜂駆除専用のスプレーにもいろいろな種類があります。目的や駆除対象となる蜂の種類に合わせて選ぶようにしましょう。

TOPボタン